「狭心症」はどんな病気かご存知ですか?
心臓の表面を走っている「冠状動脈」の血流が悪くなり、心臓の細胞の酸素が足りなくなり痛みを感じる病気です。
血流が悪くなる原因は、冠状動脈の動脈硬化による狭窄(きょうさく)です。 
中高年に多い病気ですが、稀に30代の若い方にも発症します。